たかおか朝市

たかおか朝市の紹介

高岡の坂下町通りでは定期的に朝市を開催している。
公式では朝5時半〜7時半頃までが開催時間。
しかし実際のところは、朝6時頃が人出のピークで、
朝7時にはほとんど撤収モードとなるので注意が必要だ。

大きな朝市ではないのだけど、近所で開催しているのでこまめに出掛けている。
今回は「たかおか朝市」は実際のところどのようなものなのか?
文章と写真でお伝えしたいと思う。
(写真は全て2018年に撮影)

朝市の概要

日時:毎年4〜10月の第2、第4日曜
時間帯:朝5時半〜7時半
場所:坂下町通り(高岡大仏前)
所要時間:30分ほど
※市営御旅屋駐車場を利用の際は朝5〜8時まで無料

長く続いている朝市

今年で38年目という「たかおか朝市」。
20年ほど前がピークで、その頃は140店舗ほどの出店があり、
電車通りを挟んだ向こう側まで朝市が続いていたという。
現在は公称50店舗。・・・実際のところは30〜40店舗程度の出店かと思われる。

規模が縮小したとはいえ、日中の閑散とした商店街と比べれば、
今でも驚くほどの活気に満ちている。

どんなお店があるのか?

野菜や魚介類などの露店のほかに、
「利長君焼き」「焼き団子」「焼きかまぼこ」などの軽食、
マリオのパン屋さんなどが、ほぼ毎回出店している。
また、最近では「サカヰヤ」さんの縁日コーナーが
子供に人気を集めているようだ。

以前のようなモーニングを提供する喫茶コーナーは無くなり、
「ロマンベール」や「とべーぐる」などの人気店が
出店されなくなったのは残念だけど、
その代わりに毎年いくつかの新しいお店が出店しているのが楽しみだ。

またレアなお店として、木田芳香園の朝市ソフトクリームが出店していたり、
富山市からパン屋が出店していることもある。
このように当日までどんなお店が出店するのか
よく分からないのが「たかおか朝市」の面白さでもある。

おすすめの利用方法

食材の買い出し目当てで行くには物足りない内容だけど、
高岡市内では、早朝に開催しているイベントは他にほとんどないので、
散歩やランニングの途中に立ち寄って、おやつ程度に買い込むのが
ちょうどいい楽しみ方だろう。

大仏前にはベンチがあるので、そこで軽く軽食をとるのもオススメ。
大仏を眺めながら朝の爽やかなひとときが楽しめるだろう。

その他、おすすめイベント

青空のみの市(富山市)

毎月第1日曜に、富山市の護國神社で行われる「青空のみの市」。
こちらは朝6時前から開催。※駐車場は神通川南緑地で無料
骨董などのお店が多く、若者向けのオシャレなお店などもある。
100店以上の出店があり富山県最大の蚤の市。高岡からはるばる行く価値がある。

八丁道おもしろ市(高岡市)

毎年5月と10月の2回、高岡市の瑞龍寺前の参道で行われる「八丁道おもしろ市」。
こちらは朝8時から開催。※周辺に臨時駐車場が用意される、要確認
150店ほどの大きなフリーマーケット。よく分からない骨董品や手作りのものまで
なんでも売っており十分に見応えがある。

(2017年9月、2016年7月の記事をベースに作成)
※2018年10月現在の情報です